ベサニー・ハミルトン自伝映画『Soul Surfer』全米公開!

Category : unknown Update : 201104.23Sat

今週開幕したASPウィメンズワールドツアー第2戦『Rip Curl Pro』のベルズビーチで、スポンサーワイルドカードとしてウィメンズツアーに参戦したハワイ・カウアイ出身のベサニー・ハミルトン(HAW)21歳。
残念ながらメインラウンドではR2でチェルシー・ヘッジス(AUS)に負けてしまったけれど、彼女が今サーフィンをしている事さえ奇跡。ましてや世界最高峰のドリームツアーに参戦して、トップ選手達と同等に戦っている姿はとても誇らしく素晴らしかった。

ベサニーは6歳の時に兄の影響からサーフィンを初めて、幼少時代から数々のコンペで優勝を遂げ将来を有望視されていた存在だった。そんな彼女に悲劇が襲ったのは2003年の10月31日のカウアイ島。現役ワールドツアー選手であるアラナ・ブランチャード(HAW)とアラナパパにアラナ兄と共にサーフィンをしている最中にベサニーは14ftもあるタイガーヘッドシャークにアタックされ、左腕を失ってしまう。

事故直後のベサニーは、サーフィンを諦めフォトグファーになると言っていたが、彼女の心はそれを許さなかった。その大惨事から1ヶ月も経過していないうちに、ベサニーはカスタムボードに乗ってサーフィンに復活。更に2005年には幼少から夢見ていた全米チャンピォンに輝いた。
ハンデのある身体でのサーフィンは容易なものでは決して無いし、辛い困難も数々あっただろうがベサニーは決して挫けなかった。その彼女の姿が鮮明に『Soul Surfer』と言う自伝映画に映し出されている。

ハワイのノースショアで撮影された『SoulSurfer』がこの程、全米で公開された。
ハリウッド映画だが、お涙頂戴のB級映画と思うなかれ!これがいや中々本格的!!俳優人には、ベサニーの父親役にデニス・クェイド、母親役にはアカデミー女優のヘレン・ハント、ベサニー役にはアナソフィア・ロブ、監督はショーン・マクナマラだ。アナソフィアと言えば「チャーリーとチョコレート工場」での、あのガムを噛んでた生意気な女の子ではないか。名俳優揃いの中々なキャスティングと映像に、予告編のトレイラーを観ただけでもウルウルする。

さらに後押しするのが超Hit!したケイティ・ペリーの名曲“Fire Works”

~もう一度やり直したいと願ったことはない?自分が薄っぺらい紙切れみたいだと感じたことはない?奥底から叫んでも誰にも声が届かないと思ってない?
でもあなたには、まだチャンスがあるってことに気づいてた?だって、あなたの中には煌く火花が眠っている。ただ火を灯せばいいのよ、そして輝かせればいい。あなたは花火なんだから、さぁ鮮やかな火花を咲かせてみて!~

と、まさにベサニーに捧げた曲の様で『SoulSurfer』を盛り上げている。
日本公開はまだ未定だが、是非観たい作品だ。
そして今後のベサニーの活躍にも期待!是非ともワールドツアーにクォリファイすることを願う☆

Soul Surfer オフィシャルホームページ