JPSA2019ロングボードツアー第2戦DAY1リポート

Category : 日本プロサーフィン連盟(JPSA) Update : 201905.25Sat


【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ロングボード第2戦9GATES PRO CHIKURAは千葉県千倉海岸でDAY1スタート。

天候は晴れ、波は腰〜腹セットで胸くらいのブレイクで、風は微弱なオフショア。
7時20分にメンズトライアルから2バンク、15分ヒートでスタートし、ちょうど満潮となりキレ波も多くトライアルは順調に進んでいくが、集計コンピュータトラブルで遅延。
本日のヒートは全て2バンクで進行することになった。

メンズのトライアルラウンド1が終わる頃にはややオフショアが上がってくるが大きな影響はなくウィメンズのトライアルへ進む。

その後メンズのトライアルラウンド2へ進み15時前の干潮に向けて潮の引きが続きワイドなブレイクが目立つようになりやや小さめのキレた波を選べばポイントを出せるライディングとなっているようだ。

トライアルからの本戦出場13名が決まった。

いよいよメンズの本戦になるとユージン・ティール、吉川祐二、堀井哲などラウンド1とは思えないメンバーが名を連ね、速いブレイクに対応したライディングが多くなりトライアルから上がってきたリズムがある選手とクロスヒートが多くなってきた。さらにラウンド1にはハワイから一時帰国している喜納元輝がクレジットされ問題なく1位で通過した。


続いてウィメンズのラウンド1へ進む。ここでAMシードやトライアルからの勝ち上がり選手は全て敗退して本戦の壁の高さを感じさせた。
メンズラウンド2は全体的に下から勝ち上がってきた選手がラウンドアップする確率が高く、待ち受ける選手の戦い方の難しさを知る形になる。
潮が干潮になり高さは下がったがウネリの力が弱まり逆にワイドにならずノーズを入れられる張ったセクションが多くなってきた。この千倉海岸は潮の干潮でのブレイクコンディションの差が激しく、あまり前ヒートのライディングも参考にならないくらいだ。

メンズラウンド3はやや潮が上げに動きショルダーの張った波が出てきてポイント争いは激しくなってきた。
ヒート1ではユージン・ティールと岡田匡平の師弟対決や、ヒート2の喜納元輝と堀井哲のハイパフォーマンス対決や、ここ千倉に移住した吉川祐二と好調の武藤龍寿のヒートなど注目のヒートがたくさんあるが、何と言ってもラウンド3ヒート6に登場した真田和斗選手。
プロトライアルから勝ち上がりこのヒートを勝ち上がるとプロ公認を獲得できる重要なヒートを見事1位でラウンドアップしプロ公認“を獲得した。

喜納元輝

武藤龍寿

平田夏帆

堀井哲

矢澤直子

明日のDAY2も6:00集合でヒートはスタートする。
トップシード選手が続々登場するのでお楽しみに!

ライブ配信もあります