JPSA2019ツアーショート第1戦DAY1リポート

Category : 日本プロサーフィン連盟(JPSA) Update : 201904.19Fri

【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第1戦 ガルーダ・インドネシア/旅工房 ムラサキプロ supported by 秀吉内装はDAY1スタート。

天気は晴れ、風は無風、波のサイズは昨日に続き、頭〜セットは軽くダブルくらいのビッグウェーブとなり、まずはメンズのトライアルからスタート。
1ヒート15分でマキシマムウェーブはなし、ベスト2ウェーブでパドルアウトは5分前。
潮の上げに伴いセットはワイドなブレイクとなるが、小ぶりのキレた波をつかめばグッドライディングが可能。

ヒートが進むにつれ潮が多くなりチューブセクションもできてきた。

ヒート途中からキャリーブーをつけても良いというディレクター判断が下され、さらにジェットを沖に待機させサイズがあることへの対処がなされた。


ヒート4では松永大輝がトータル13.00ポイントを出してプロ公認を獲得した。

やはりサイズのある波にトライアル選手は多少苦労している感はあり、マニューバーを入れられず横へライドすることが多くなる、なかなかハイポイントが出ない。波もピークからホレる波と、フェイスが厚く張りづらい波がありチョイスも難しいところだ。
8時半になりヒート8が進行する頃にサイドの風が吹き始め10時半過ぎにやや強まるがなんとかコンディションに影響が少ない状態でトライアルラウンド2へ進行していく。

潮が止まりややサイズは落ち着いた感があり、ラウンド2になるとマニューバーをしっかり入れる選手が多くなってきた。ヒート7には岩見天獅が12.60ポイントを出し本日2人目のプロ公認を獲得した。

波は安定してあるので、ヒートは順調に進み、12時にはメンズトライアルラウンド3へ進む。



潮が少なくなりインサイドはバックウォッシュが入り始めたところでラウンド4を終了し本日の大会スケジュールは終了。
プロ公認を獲得できる12.00ポイントの壁は高くポイントでプロ公認を得た選手は2人のみ。
明日からの本戦に進めるラウンド4の各ヒート上位2名と3位の高得点者1名、計5名だが、ヒート1から本郷拓弥と多谷俊亮、ヒート2から福井滉東と古田龍之助が上がり、3位の高得点者で原田空雅が5人目となった。明日からはプロと対戦する事になり、ここを勝ち上がらないとプロ公認を得られない本当の戦いが始まる。

明日のDAY2は6時に選手集合でファーストコールとなる。
少し波高が低くなる予報だがグッドウェイブに期待したい。

是非ライブ配信で応援して欲しい。
◆ライブ配信ページ
https://www.namiaru.tv/live/jpsa/