【第1回 ジャパンオープンオブサーフィン】平井 ⼤のスペシャルライブ開催決定!⼤会観戦バスツアーも運⾏ ※申込み締切4/22(月)まで

Category : Entertainment/サーフ関連イベント Update : 201904.19Fri

5/6(⽉)〜7(⽕)までの 2⽇間にわたり、千葉県⼀宮町釣ヶ崎海岸において「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」が開催される。

本⼤会は、⼀般社団法⼈ ⽇本サーフィン連盟(NSA)が主催し、⼀般社団法⼈ ⽇本プロサーフィン連盟(JPSA)とWorld Surf League Japan(WSL Japan)の協⼒するジャパンオープンオブサーフィン実⾏委員会(事務局:東京都 ⽂京区、⽇本サーフィン連盟)が主管となり、国内サーフィン団体が初めて開催する⼤会だ。

また、2019年 9 ⽉に宮崎県宮崎市で開催される世界選⼿権に出場する⽇本代表「波乗りジャパン/NAMINORI JAPAN」の選考⼤会として、今までにない重要な位置づけとなっている。

そして、今回、本⼤会初⽇ 5/6(⽉・祝)の競技終了後には、出場選⼿たちの中にもリスナーが多く、Surf Rock界を牽引する若き異才の持ち主として多⽅⾯から注⽬を集めるアーティスト平井 ⼤によるスペシャルアコースティックライブの開催が決定した。

平井 ⼤のパフォーマンスによる選⼿に向けたエールは、国内トップレベルのサーファー達の熱い戦いを更に盛り上げることが期待され、本⼤会において⾒逃せないライブとなっている。

⼤会会場では、avex によるサーフカルチャーと⾳楽によるスペシャルな空間「The Day.」や⼤会スポンサーであるアース製薬、マツモトキヨシ、 bayfmによる特別ブースも同時開催予定だ。⼤会2⽇間は、新宿駅から⼤会会場までの⼤会観戦往復バスツアーも実施される(詳細は下記、募集締め切り 4/22(月))。

平井 ⼤プロフィール

1991 年 5 ⽉ 3 ⽇、東京都⽣まれの 27 歳。
ギターとサーフィンが趣味の⽗の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖⺟から貰ったウクレレがきっかけで⾳楽に興味を持つ。印象的な⽿に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く⼈の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。

JAPAN OPEN OF SURFING ⼤会観戦 往復バスツアー ※締切4/22(⽉)まで


<supported by avex>
新宿駅から⼤会会場まで、⽇帰り往復バスが運⾏。
詳細およびバスツアーのお申し込みは下記サイトより

▼お申し込み詳細はこちら
https://jtb-entertainment.net/tour/2019/jp-surf/

<男子出場選手 16名>

– 安室 丈(あづち・じょう)/2001年2月20日生
– 新井 洋人(あらい・ひろと)/1995年3月24日生
– 石川 拳大(いしかわ・けんた)/1994年6月21日生
– 伊東 李安琉(いとう・りある)/2002年8月18日生
– 稲葉 玲王(いなば・れお)/1997年3月24日生
– 大音 凛太(おおおと・りんた)/2000年8月2日生
– 大野 修聖(おおの・まさとし)/1981年2月16日生
– 大橋 海人(おおはし・かいと)/1992年2月16日生
– 大原 洋人(おおはら・ひろと)/1996年11月14日生
– 加藤 嵐(かとう・あらし)/1993年7月18日生
– 上山・キアヌ・久里朱(かみやま・きあぬ・くりす)/2001年1月6日生
– 田中 大貴(たなか・だいき)/1998年6月14日生
– 西 優司(にし・ゆうじ)/2000年6月13日生
– 堀越 力(ほりこし・りき)/1996年9月20日生
– 村上 舜(むらかみ・しゅん)/1997年3月3日生
– 森 友二(もり・ゆうじ)/2000年4月13日生

<女子 出場選手 16名>

– 庵原 美穂(いはら・みほ)/1981年11月20日生
– 大村 奈央(おおむら・なお)/1992年11月27日生
– 川合 美乃里(かわい・みのり)/2000年12月14日生
– 川瀬 心那(かわせ・ここな)/2004年5月18日生
– 黒川 日菜子(くろかわ・ひなこ)/1996年6月4日生
– 鈴木 姫七(すずき・ひめな)/1998年7月31日生
– 都筑 有夢路(つづき・あむろ)/2001年4月5日生
– 都築 虹帆(つづき・ななほ)/2003年5月19日生
– 中塩 佳那(なかしお・かな)/2004年1月29日生
– 西元・ジュリ・梨乃(にしもと・じゅり・りの)/2001年6月11日生
– 野中 美波(のなか・みなみ)/2001年8月22日生
– 橋本 恋(はしもと・れん)/1998年6月7日生
– 前田・マヒナ・穂乃香(まえだ・まひな・ほのか)/1998年2月15日生
– 松岡 亜音(まつおか・あのん)/2005年11月19日生
– 松田 詩野(まつだ・しの)/2002年8月13日生
– 脇田 紗良(わきた・さら)/2002年10月10日生

(五十音順・敬称略)

「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」大会概要

・大会名称: 第1回 ジャパンオープンオブサーフィン(英字:THE 1st JAPAN OPEN OF SURFING)
・開催期間: 2019年5月6日(月・祝)~7日(火) =2日間=
・大会会場: 千葉県一宮町釣ヶ崎海岸
・主催: 一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)
・主管: ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会
・出場選手: 男子16名・女子16名
・大会公式ホームページ: https://japanopenofsurfing.jp

「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」大会スケジュール

5/6(⽉・祝)
9:00《開会式》
9:30〜《競技開始予定》
16:00〜16:30《平井 ⼤ スペシャルアコースティックライブ》

5/7(⽕) 7:00《競技開始予定》
15:00〜《表彰式》
※試合⽇程やプログラム内容は、波の状況により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

▼「波乗りジャパン/NAMINORI JAPAN」とは
2016年、NSAホームページ上の一般公募により選ばれた愛称で、世界選手権や世界ジュニア選手権に派遣される日本代表チーム、そのほか限られたNSA強化指定選手が日本を代表して戦う際に使用される。象徴として用いられるマーク「Rising Wave」は、一定の規則性で変形した円の集合体でデザインされている。円は「日本」、集合体は「チーム」を意味しており、日本全体が一致団結して大きなひとつの波になり勝利を目指すことを表現している。

▼NSAとは
JOC加盟団体として日本のアマチュアサーフィンを統括する団体

▼JPSAとは
日本のプロサーフィンを統括する団体

▼WSL Japanとは
サーフィンの世界プロツアーを運営する組織の日本支部

【合わせて読みたい関連記事】

● サーフィン日本一を決める「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」出場選手32名が決定

● オリンピックへの登竜門「強化合宿」で24名の選手がジャパンオープンの出場権を獲得

● 2020年東京オリンピックのサーフィン日本代表選手の選考基準が決定!

●2019サーフィン強化指定選手が発表された