CTツアーが遂に開幕!五十嵐カノアはR1を快勝!ガブリエルはDay1の最高点をマーク!

Category : WORLD SURF LEAGUE(WSL) Update : 201904.04Thu

4/3(水)、2019年CTツアーの初戦『Quiksilver Pro Gold Coast』がオーストラリアのデュランバー(以下 ディーバー)で開幕した。

本来であればスナッパーロックスで行われる開幕戦だが、サイクロン「Oma」の影響でサンドバンクが形成されずディーバーへ移動して行われた。
★波予測(ディーバー):https://www.namiaru.tv/forecast

波は3〜5フィートの頭オーバーのビーチブレイク。ハードコンディンションではあるが世界トップクラスのサーファー36名による熱いバトルが繰り広げられた。

初戦は緊張などもあり、なかなか本領を発揮できない選手が多い中、一際目立ったライディングを見せたのは世界チャンピオン・ガブリエル・メディーナ。

Photos: Dunbar/WSL

1人だけエクセレントスコア8.17ptを叩き出しR3へ勝ち進んだ。全くプレッシャーを感じさせない強靭なメンタルはさすがガブリエル。

▼ガブリエルの試合はこちら
ハングリーにガブリエルを追いかけるライアンのライディングも必見!

Photos: Cestari/WSL

ヤゴー・ドラはDay1トータル最高点14.33ptを出しR3へ。

日本代表五十嵐カノアはオープニング波選びに苦戦していた感じだが、後半にかけ持ち前のペースを取り戻し見事R1を1位で勝ち進んだ。

Photos: Cestari/WSL

勝利者インタビューで話していたマジックボードでこれからどんな活躍が見られるのか楽しみだ。Go カノア!

▼五十嵐カノアの試合はこちら

2019年から新しい試合フォーマット用いて行われているCTツアー。
●CTツアー詳細はこちら→https://www.namiaru.tv/news/?p=54867
R2では4名の選手の敗退が決定する。

Photos: Cestari/WSL

本日4/4(木)、早くもメンズR2が行われ11x世界チャンピオン ケリー・スレーターが初戦から敗退するという事態に。

久しぶりの復帰戦を楽しみにしていただけに少し残念ではあるが、続く第2戦「Rip Curl Pro Bells Beach」に期待したい。

ビーチブレイクではエアーを得意とする選手の活躍が目立っていたようだ。イベントが終わるまでにレインボー・ベイ/グリーンマウントに移動するとも言われているが果たしてどうなる?

CTツアーと一緒に開催されている一流サーファーによるエアーだけのイベント「RedBull Airborne」も見逃せない。

▼CTツアー大会2日目ライブはこちら
http://www.worldsurfleague.com/

■ WSL(ワールド・サーフィン・リーグ)
http://www.worldsurfleague.com/

▼ Quiksilver Pro Gold Coast ラウンド1結果
ヒート1: Griffin Colapinto (USA) 10.26 DEF. Soli Bailey (AUS) 9.83, Owen Wright (AUS) 8.23
ヒート2: Jack Freestone (AUS) 10.67 DEF. Ezekiel Lau (HAW) 10.47, Jordy Smith (ZAF) 5.03
ヒート3: Yago Dora (BRA) 14.33 DEF. Italo Ferreira (BRA) 11.93, Kelly Slater (USA) 9.70
ヒート4: Joan Duru (FRA) 11.10 DEF. Filipe Toledo (BRA) 9.53, Caio Ibelli (BRA) 7.60
ヒート5: Seth Moniz (HAW) 11.17 DEF. Reef Heazlewood (AUS) 9.50, Julian Wilson (AUS) 8.36
ヒート6: Gabriel Medina (BRA) 13.84 DEF. Ryan Callinan (AUS) 13.57, Mateus Herdy (BRA) 7.23
ヒート7: Adrian Buchan (AUS) 10.13 DEF. Conner Coffin (USA) 10.00, Jadson Andre (BRA) 8.40
ヒート8: Michel Bourez (PYF) 13.27 DEF. Jeremy Flores (FRA) 8.90, Leonardo Fioravanti (ITA) 7.57
ヒート9: Michael Rodrigues (BRA) 13.17 DEF. Wade Carmichael (AUS) 13.07, Ricardo Christie (NZL) 12.67
ヒート10: Kanoa Igarashi (JPN) 12.73 DEF. Deivid Silva (BRA) 12.00, Sebastian Zietz (HAW) 8.03
ヒート11: Kolohe Andino (USA) 11.00 DEF. Jesse Mendes (BRA) 10.90, Willian Cardoso (BRA) 8.40
ヒート12: Mikey Wright (AUS) 12.10 DEF. John John Florence (HAW) 10.93, Peterson Crisanto (BRA) 8.36

▼ Quiksilver Pro Gold Coast ラウンド2 結果
ヒート1: Mateus Herdy (BRA)12.77 vs.Julian Wilson (AUS) 11.23 vs. Leonardo Fioravanti (ITA) 10.66
ヒート2: Jordy Smith (ZAF) 13.93 vs. Ricardo Christie (NZL)12.56 vs. Caio Ibelli (BRA) 10.63
ヒート3: Owen Wright (AUS) 13.73 vs. Peterson Crisanto (BRA) 13.50 vs. Kelly Slater (USA) 10.63
ヒート4: Willian Cardoso (BRA) 12.93 vs. Sebastian Zietz (HAW) 11.64 vs. Jadson Andre (BRA) 8.90

▼ Red Bull Airborne Gold Coast Day1までのランキング
1 – Italo Ferreira (BRA)
2 – Chippa Wilson (AUS)
3 – Kalani David (HAW)
4 – Mateus Herdy (BRA)
5 – Coby Perkovich (AUS)
6 – Yago Dora (BRA)
7 – Filipe Toledo (BRA)
8 – Eithan Osborne (USA)
9 – Mitch Parkinson (AUS)
10 – Jack Freestone (AUS)
11 – Matt Meola (HAW), Kael Walsh (AUS), Harry Bryant (AUS), Finn McGill (HAW), Aaron Kelly (AUS), Noa Deane (AUS), Thomas Woods (AUS), Reef Heazlewood (AUS)

【合わせて読みたい関連記事】

● サーフィン世界最高峰のCTツアー開幕目前!新しい試合形式とスケジュールを再チェック

● 【必見】サイクロン’Oma’の恩恵!オーストラリア東部では素晴らしい波が炸裂