革新的な防寒サーフブーツ『SOLITE』開発者ジェイミー氏をインタビュー!

Category : Item/ボード・スーツ・グッズ等 Update : 201903.22Fri

発売以来、話題を呼んでいる熱成型サーフブーツ『SOLITE』

熱湯で温める事でブーツ本体を自分の足の形に成型する事ができ、何度でもフィッティング調整を可能にしてくれる。これにより装着時に感じていたブーツ内のズレや違和感を軽減し、より素足に近い感じでサーフィンが体感できる革新的なサーフブーツ。

▼アンバサダー吉川共久プロによるショートクリップ映像はこちら
https://www.namiaru.tv/news/?p=53586

このブーツの生みの親であるSolite innovations LLCの創設者 ジェイミー・メイセルマン氏がInterstyle 2019で来日。インタビューする機会をいただいたので、このブーツの機能性や開発の話、そしてこれからのビジネス展開について語ってもらった。

1.日本に来た目的を教えてください。

このサーフブーツはとても革新的で、他のブーツとは全く異なった製品になります。

日本は素晴らしいマーケットですし、さらなるSOLITEブーツのビジネス展開をしようと思い来日しました。

私は以前スノーボードの業界にいたのですが、日本はこういう革新的製品を求め、商品の違いや理由について他と区別したがるので、SOLITEブーツにとってピッタリのマーケットでした。

2.会社を設立した経緯や理由を教えてください。

最新のテクノロジーを駆使して他にはないウォーターブーツを作りたかったです。他のウェットブーツは色や形が違うだけ皆同じような感じです。

しかし、自分達は他にはない技術を用いて、素足に近い感じでレスポンスが良く、サーフボードの上でも突っかかったりしない独自のサーフブーツを作ることに成功しました。

会社を設立するには十分な製品でしたしブランド化しようと思いました。

このサーフブーツは革新的でマーケットをリードするクリエイティブな製品なのでSOLITE INNOVATIONSと呼びます。

3.なぜスノーボード業界から違う業界に行ったのですか?

私が90年代にスノーボード業界で働いていた時、ボードやブーツは毎年すごい進化を遂げていましたし、それが経験できてとてもラッキーでした。ただ今は既に成長しきっていてその変化を見る事が難しいです。

しかし一方でこの業界ではまだ可能性があり、この方がクリエイティブになれて面白いと思ったのでこちらにシフトしました。

4.ジェイミーのプロフィールを教えてください。

スノーボード業界で最初の仕事はTransworld snowboard magazineのライター兼編集者で長い間勤めていました。

それからスノーボードの製品に興味があったのでそっち側にシフトしていきAIRWALKやBURTONスノーボードブーツで働きました。

雑誌編集の世界からプラダクト業界へとシフトしました。

5.スノーブーツの技術をサーフブーツに持って来たアイデアはどこから生まれましたか?

自分の中にはいつもアイディアはありましたが、このテクノロジーを使ってブーツを開発するのに時間がかかりました。

このソールの部分はモールド成型の技術が用いられていて繋ぎ目がない1つの要素からできていて、最近開発されたばかりです。

この技術はクラークスシューズが力を注いでいます。本来なら靴のミッドソールに用いられる技術ですが、クラークスや他の会社はこのテクノロジーを応用して1つの靴を作っていました。

これを見た時に、このテクノロジーを使って、グローブやブーツを作ろうと思いました。これにより、より軽く、そして耐久性を強化できて良いブーツを開発することができました。

業界でこの技術を取り入れているのは、SOLITEだけで誰にも真似できないと思います。

2011年からこの技術研究をスタートし、5年間のテスト開発を繰り返して、ようやく2016年に最初のブーツをリリースする事ができました。

6.他社とは違うSOLITEブーツのアピールポイントを教えてください。

他社にはないポイントとしてブーツが完璧にフィットする事です。まるで素足のような感覚で、足元からボードへのレスポンスがとても良いです。

他のブーツのように水が入ってストレッチする事はありません。突っかかることもないし、乾いた時も濡れた時でも同じ状態を保っていて軽いんです。

だからこの製品はSO LITE (とても軽い)と呼びます。

大抵のサーファーはブーツを履くのが嫌いだと思いますが、素足のようでとても軽いから、これを履けば嫌いになる事は無くなります。冷たい水を楽しくさせるブーツです。

7.今後も新商品をリリースしますか?

来年は8ミリのブーツをリリースする予定です。

北海道やロシア、スカンディナヴィア半島など気温が0度以下の極寒地域でも使える暖かくて軽いブーツをリリースします。

既に6mmブーツはリリースされていますが、極寒の地で長時間サーフィンをする時はもう少し厚みが必要です。

ソックスは2種類あり、1つはポリエステルナイロン製で全てのブーツに付属され、履き心地は良いですし、少し暖かくできます。

もう1つは別売りの1mmソックスを用意しています。

足先は分かれていて、6mmブーツと1mmソックスを使う事で、アラスカやアイスランドなどの寒い地域でも暖かく使用できます。

他の利点として、ブーツの中でも簡単に足を入れられ、さらには洗う事ができます。

ブーツの臭いはほとんどのサーファーが問題視していて、ソックスを使えば、洗えて乾燥させられますからその問題を解決できます。ソックス1mm分暖かくなりますし、どのブーツにも使用できます。

さらに、この技術を用いてグローブもリリースします。グローブもこのモールド成型で作る事でグリップ力が増しますし、長持ちさせられます。

ほとんどのグローブは裏側にインクをプリントしてあるだけで、グリップ力が弱く耐久性が悪いです。

このモールド成型技術を手の平の部分に使用する事で、頑丈でグリップ力が増し、水が吸収せず、軽量でパドルもしやすい素晴らしいグローブです。

3mmの5本指用と ,3mm,4mm,6mmの指を暖める事を考慮した2本タイプのモデルのグローブを来年リリース予定です。

他にもこのラバー部分を違うカラーにしてリリースします。

現在は黄色やカモフラージュだけですが、チームライダーが写真やビデオを撮影された時でも他と区別できるように毎年、明るい色でリリースしていく予定です。

———編集後記———

この「SOLITE」ブーツは開発までに5年という長い歳月がかけられている事にとても驚かされた。

開発者ジェイミーが熱く語る他とは全く違うブーツ。正直なところ、サーフブーツはサイズさえ合えばどれもあまり変わらないのではと思ったが、このブーツを体感する事でその常識は覆るかもしれない。またブーツやグローブはすぐ劣化するイメージだが、耐久性を考慮しカラーバリエーションもあるとなればかなり魅力的だ。来年リリース予定のグローブも待ち遠しい。この業界にポテンシャルを感じて挑戦し続けているジェイミー氏が今後どんな商品がリリースされるのか楽しみだ。

Writer & Editor:So Sugaya

■ マニューバーライン
https://maneuverline.co.jp/
本商品に関するお問い合わせ先
TEL:東京03-5245-3113
神奈川0467-72-6226
大阪06-6609-0035

【関連記事】

●熱成型ブーツ「SOLITE」アンバサダー吉川共久プロによるショートクリップが公開

●これまでの常識を覆す、熱成型サーフブーツ『SOLITE』が待望のリリース!!

●自分の足形に成型できるサーフブーツ『SOLITE』 が待望のリリース!!