Noosa Longboard Openで小山みなみが5位入賞!

Category : WORLD SURF LEAGUE(WSL) Update : 201903.11Mon

WSL Longboard Tour 初戦のLT6,000 Noosa Longboard Openで日本から参戦した小山みなみが5位入賞を果たした。

この大会は以前、ヌーサのフェスティバルの一環として開催されていたコンテストがWSLツアーに組み込まれ6,000のイベントとなったもの。
今大会はケリア・モニーツ(HAW)が久しぶりにコンテストにカムバックすると開催前から話題になっていた一戦。
波は、ヌーサとしてはベストコンディションとは言えない小波(モモくらい)で、トロワイドな波が目立ち、マニューバーを入れる波選びに苦労していたようだ。

日本からも吉川広夏、田岡なつみとJPSAでグランドチャンピオンを経験した選手がエントリーしていた。
吉川と田岡は25位という結果のなかで、小山みなみが5位入賞を果たした。

小山は、JPSAロングボードツアーにおいて2017年と2018年の2年連続で年間ランキング2位とあと一歩のところでグランドチャンピオンを逃している。
今年は、JPSAグランドチャンピオン獲得を狙うに滑り出し好調な結果と言えるだろう。

そんなJPSA 2019 ロングボードツアーは、4月23日より、バリ島クラマスでの「ガルーダ・インドネシア/旅工房 ムラサキプロ supported by 秀吉内装」からスタートをきる!
JPSAオフィシャルサイト
jpsa.com