ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本版 8.6号は3月15日発売

Category : PickUpTopics/注目トピック Update : 201903.04Mon


ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本版 8.6号は3月15日に発売されます。

フィーチャーストーリーは抱井保徳氏による湘南のストーリーだ。
抱井氏は1956年、千葉県興津生まれで、中学1年のときに守谷海岸でサーフィンをはじめ、1975年に湘南に移り住み、以来40数年この地に住み湘南の海と波を見つづけてきた。そんな彼がシェープ工場へ自転車で通う道すがら、見てきた第二の故郷、湘南を綴った。
文:抱井保徳

つづいてのストーリーは、オーストラリア東海岸の理想郷、アンゴーリだ。
この地は白人が入植するはるか以前、何千年にもわたって先住民族ヤエグルのホームランドとして栄えた。エスチュアリー(三角江)や湖、そしてヘッドランドに恵まれた沿岸部に位置し、豊富な魚介類や薬草に支えられて、ボヘミアンサーファーたちはひときわ大きなコミュニティを築いたのだ。
文:スティーブ・シアラー、写真:アル・マッキノン

ジャグヘッド
常に世界から注目をされてきた、消防士でありビッグウェイバーのジャスティン・アルポートに訊く、真のスラブハンターの心構え。
文:ジェド・スミス

基準不適合
ウォルター・コーカーの紆余曲折の人生とサーフィン、そしてジャーナリズム。
文:マイケル・アドノ

貴腐の香り
写真家ロブ・ギリーによって熟成されたレアなショットのかずかず。
文:ロブ・ギリー

GROUP SHOW
新進気鋭からベテランまで、TSJゆかりの写真家たちのグループ展。

と、今号も濃い内容となっております!