【快挙!】松岡慧斗が大会最高12ptをマークし第3位、中村昭太は第4位でベストチャージ賞を受賞!Da Hui Backdoor Shootoutハイライト

Category : PickUpTopics/注目トピック Update : 201901.18Fri

ハワイ・ノースショアのパイプラインで開催された世界的な大会「DA HUI BACKDOOR SHOOTOUT(ダ・フイ・バックドア・シュートアウト)」

伝説のサーファー デューク・カハナモクのメモリーイベントでハワイのトップ・ウォーターマンにスポットライトを当てたコンテストが現地時間の1/3(木)〜1/16(水)のウェイティング期間中の4日間で開催された。

日本からは堀口真平、松岡慧斗、中村昭太、大橋海人、村上舜そして脇田泰地の6名が日の丸を背負い素晴らしいライディングを披露してくれた。

その中でも松岡慧斗は、誰よりも深く、ディープな鳥肌モノのバレルをメイクし大会最高12pt満点を叩きだし、去年に引き続き第3位という快挙を達成。

このライディングは海外のメディアからも大注目され、11/1〜2/28までのノースショアのベストウェイブをメイクしたサーファーを決定づける Surflineのビデオコンテスト「Wave of The Winter 2019」にもノミネートされている。

今年初参戦となった中村昭太もバックドアのチューブで驚異的なライディングを披露し、10.50ptとエクセレントスコアをマークし第4位の好成績でフィニッシュ。

ヒート中のワイプアウトで怪我をしながらも果敢にパイプの波に挑み続けた中村昭太はベストチャージ賞を獲得した。

▼中村昭太のバックドアチューブ(10.50pt)はこちら

▼Da Hui Backdoor Shootout2019の優勝はタイラー・ニュートン

どのヒートもコンスタントにハイスコアをマークしていたカウアイ島のタイラー・ニュートンが大会初優勝を飾り賞金40000ドルを獲得。

この勝利でチームWeed Mapsを優勝へと導いた。

今回のジャパンチームが魅せた勇姿は日本だけでなく、海外のサーファー達にも多大なインパクトを与え、また1つ日本のサーフィンを世界へアピールするきっかけになった。

サーフィンの聖地パイプラインで命懸けの波にチャージしてたくさんの感動を届けてくれた彼らに感謝したい。ありがとう!

今後の活躍にも是非注目していきたい!

Da Hui Backdoor Shootout メインイベント大会結果

優勝: タイラー・ニュートン Top3スコア31.83pt (11.5/10.5/9.83)
2位: ジェイミー・オブ・ライエン Top3スコア29.5pt (10.17/9.83/9.5)
3位:松岡慧斗 Top3スコア 28.84pt (12/8.67/8.17)
4位:中村昭太 Top3スコア28.66pt (10.5/9.33/8.83)
5位:ブルース・アイアンズ Top3スコア28pt (9.67/9.5/8.67)

Da Hui Backdoor Shootoutハイライト映像 
Video by @motoko1222 Surf Sprit

▼大会Day1ハイライト

▼大会Day2ハイライト 松岡慧斗の12ptパーフェクトライドは必見!

▼大会Day3ハイライト 

▼大会Day4ハイライト

▼フリーバックドアセッション