【祝! 波乗りジャパン、金メダルの快挙】ISA世界ジュニアサーフィン選手権 『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』

Category : SurfContest/サーフィン大会 Update : 201811.05Mon

2018年10/27〜11/4までカリフォルニア・ハンティントンビーチではISAジュニアサーフィン世界選手権大会『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』が開催された。

現地時間11/4(日)に全試合終了。波乗りジャパンは世界ジュニアサーフィン選手権の歴史上で初となる金メダルを獲得した。

日本は団体ランキングでUSAにリードされていたが、18歳以下(U-18)ボーイズクラスで上山キアヌ久里朱と安室丈がワンツーフィニッシュで団体戦金メダルに大きく貢献し、逆転に成功した。

見事、U-18ボーイズクラスで金メダルに輝いた上山キアヌ久里朱。

「日本人でも金メダル獲れる事を証明できてよかった!」と優勝後にコメント。

安室丈は2017年、16歳以下(U-16)ボーイズクラスで金メダルを獲得しているが今回のU-18ボーイズクラスでは2位。

その他、U-18ガールズクラスでは野中美波が3位。

U-16のガールズクラスでは松田誌野が2位、


脇田紗良は3位入賞。


伊東李安琉はボーイズU-16のクラスで4位入賞。

今年の9月に愛知県田原市で行われた『2018 UR ISA WORLD SURFING GAMES』での金メダルに続き、ジュニアでも団体で2個目となる金メダルを獲得。オメデトウ!

2020年東京オリンピックに向け、2018年の世界戦で素晴らしい結果を残した波乗りジャパン。今後の活躍にも目が離せなくなりそうだ。 Go for it Japan!

▼FinalDayハイライト映像 『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』

▼国別団体順位
Gold – 日本
2位 アメリカ
3位 オーストラリア
4位 ハワイ

▼国別対抗リレーレース
「Aloha Cup」
1位 アメリカ
2位 フランス
3位 日本
4位 ハワイ

◆ チームポイントの結果は下記の通り
http://isasurf.org/juniors/2018/pdf/WJSC_2018_teams_points_final.pdf

▼ボーイズU-18(18歳以下)

Gold – 上山キアヌ久里朱(JPN)
2-安室丈(JPN)
3-ルーク・ジョン・スリッペン(RSA)
4-コール・ハウシュマンド(USA)

▼ガールズU-18

Gold – レイチェル・プレスティ(GER)
2-ケアラ・トモダ-バナート(HAW)
3-野中美波(JPN)
4-サマー・マセード(HAW)

▼ボーイズU-16(16歳以下)

Gold – グレーソン・ヒンリクス(AUS)
2-ケイド・マトソン(USA)
3-リーブ・スローソン(USA)
4-伊東李安琉(JPN)

▼ガールズU-16

Gold – ケイトリン・シマーズ(USA)
2-松田詩野(JPN)
3-脇田紗良(JPN)
4-ルシア・マチャド(ESP)

日本代表選手の結果

▼ボーイズU-18
1位 上山キアヌ久里朱
2位 安室丈
11位 森友二

▼ボーイズU-16
4位 伊東李安琉
11位 金沢呂偉
29位 平原颯馬

▼ガールズU-18
3位 野中美波
9位 西元ジュリ
16位 川合美乃里

▼ガールズU-16
2位 松田誌野
3位 脇田紗良
13位 中塩佳那

◆ フルランキングはこちら
http://isasurf.org/juniors/2018/en/results/

◆ 2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship
http://isasurf.org/juniors/2018/en/