JPSA2018ショートボード現在ランキング2位/辻裕次郎

Category : 日本プロサーフィン連盟(JPSA) Update : 201810.29Mon

JPSA2018ツアーショートボードメンズランキング現在2位の辻裕次郎。

辻は2001年にプロ合格しているので、今シーズンでツアーを17年フォローしている四国出身の中堅プロ。
2014年には念願のグランドチャンピオンを獲得したが、この時は辻がQFで敗退してしまい、他の選手の結果次第でグランドチャンピオンが決定するという苦しんだ末のか獲得となった。

その後は、2015年8位、2016年27位、2017年3位と少し振るわないシーズンが続いたが、今年は現在2位に着けていて1位加藤嵐との差は60ポイント。
今シーズンはまだ優勝こそないが、2位や3位と常に上位につけポイントを稼いでいる。

SENDAI PROで同時に開催される第3戦も、彼はまだ1ヒートもこなしていない状態のラウンド6から登場する。
SENDAI PROと並行して行われるので、体力的に心配な部分もあるが、そこは現在1位の加藤もほぼ同条件と言えるだろう。

辻のコンテスト会場での印象は、物静かでクール。話を振ると実に誠実に対応してくれる。四国のポイントの地形等の話を聞いていると、実に細かく変化を分析している。

彼のライディングは、あの比較的細身の身体をゴムの様に捻り垂直に駆け上がりリップするマニューバーや、チューブセクションを上手く見つけてカバーアップする判断の速さが特徴的だ。






同じウェットスーツのスポンサーを受ける加藤嵐と行動を共にしていることも多い様で仲は良い2人だが、2連覇中の加藤を止めて自身2度目のグランドチャンピオンに輝くのか?!

SENDAI PROで辻はラウンド5ヒート1に登場するので、第3戦の結果はほぼ確定してからのヒートになりそうで、2戦連続優勝の可能性もある!

クールな彼の活躍に期待したい!