【第53回 NSA全日本サーフィン選手権】激戦を制したファイナリスト達 & ハイライト映像

Category : 日本サーフィン連盟(NSA) Update : 201808.23Thu

8月20日(月)〜25日(土)まで三重県志摩市国府の浜海岸では第53回NSA全日本サーフィン選手権が開催されている。

台風スウェルによりサイズアップしている国府の浜海岸では胸〜頭オーバーの波がコンスタントにブレイク。

オンショアの影響を受けてハードコンディションだが、全日本クラスの選手達はパワーのある波でも果敢に攻めたライディングを披露し会場を沸かしてくれた

パーフェクト10を出す圧巻のライディングで日本一となった徳島支部の金沢 呂偉。

ファイナルでもスタイリッシュなサーフィンでガールズクラスを制した山形支部の中塩 佳那。 

波に直角のアプローチを見せる大阪支部の岡村 晃友はジュニアクラスで優勝!

ハードコンディションの中でも確実に技をメイクして得点につなげた千葉東の松永 健新。キッズクラスで見事優勝を飾った。

サイズある波でも常に攻めの姿勢を見せていた銚子支部の渡邊 壱孔は2連覇ならず惜しくも2位。

ボディーボードウィメンクラスで3連覇という快挙を成し遂げた三重支部の山下 海果。

緊張感から解放され安堵の表情を見せる千葉東支部の榎戸 崇人。ボディーボードメンズファイナルでは兄弟対決を制し優勝した。

台風を考慮して、大会Day2まででキッズ、ガールズ、ボーイズ、ジュニア、ボディーボードメン、ボディーボードウィメンはファイナルまでの全ヒート、そして支部対抗によるパドルリレーが行われた。

この難しいコンディションの中、連戦を勝ち抜き表彰台に上ったのは下記の選手達だ。

第53回NSA全日本サーフィン選手権大会リザルト

●キッズクラス

優勝:松永 健新 (千葉東)
2位:渡邊 壱孔 (千葉銚子)
3位:新井 央真 (千葉東)
4位:山本 來夢 (静岡伊豆)

● ボーイズクラス

優勝:金沢 呂偉(徳島)
2位:岩見 天獅 (千葉東)
3位:松原 渚生 (千葉西)
4位:佐藤 利希 (湘南藤沢)

● ジュニアクラス

優勝:岡村 晃友(大阪)
2位:山本 秀哉(湘南茅ケ崎)
3位:増田 来希 (宮崎)
4位:加藤 浩大 (東京多摩)

●ガールズクラス

優勝:中塩 佳那(山形)
2位:馬庭 彩 (湘南茅ヶ崎)
3位:松岡 亜音 (千葉南)
4位:都築 虹帆 (愛知)

● ボディーボードメン

優勝:榎戸 崇人 (千葉東)
2位:榎戸 輝 (千葉東)
3位:小松 貴史 (湘南藤沢)
4位:平野 恵之 (兵庫)

● ボディーボードウィメン

優勝:山下 海果 (三重)
2位:原 小春 (千葉東)
3位:岡田 吹羽子 (山口)
4位:藤田 佳奈 (横浜)

● パドルレース

優勝:湘南藤沢

2位:千葉西

3位:東京

4位:湘南茅ケ崎

早くも前半戦が終了した全日本選手権大会。白熱した試合の模様はハイライト映像でお楽しみください。

▼Day2ハイライト映像

▼Day1ハイライト映像

▼ハイライト映像一覧はこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PL-G6RlfdCorxEQjcO5kmZtiC-MoUICqmJ

本日8/23(木)の試合は非常に強い台風20号の接近に伴い、1日レイデイとなる。既にクローズとなっている国府の浜海岸。くれぐれも無理をせずビーチに近づかないように注意して頂きたい。

8/24(金)以降の予定は、台風の通過の様子を見て本日8/23(木)の16:00までにNSAのサイト上で発表される予定なのでチェックして欲しい。

Write & Editor: So Sugaya

▼ NSA一般社団法人日本サーフィン連盟
http://www.nsa-surf.org/

▼ LIVE配信ページ
https://www.namiaru.tv/live/nsa/

【関連記事】

● 【第53回NSA全日本サーフィン選手権 】団体優勝は三重支部!Day6レポート&ハイライト映像

● 【第53回NSA全日本サーフィン選手権 Day5レポート】明日はいよいよファイナルデー

● 第53回全日本サーフィン選手権大会2018は20日から