JPSA2018ショート第2戦DAY2

Category : 日本プロサーフィン連盟(JPSA) Update : 201807.07Sat

【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2018 ショートボード第2戦 伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainmentはDAY2。


コンテスト会場は初日に続き白浜海岸に決定。

天気は奇跡的に晴れて波はヒザ〜セットコシくらいで風はオフ〜サイドオフショアで海面は問題なくコンパクトだが形良くブレイクする。

まずはメンズのラウンド4からスタート。
スタート時は干潮となり潮の上げ込みで時折サイズのあるブレイクが来て3マニューバー入れる選手も出てきた。

ヒート1にはホストプロでもある大橋海人が登場。
フロントサイドの波をうまくつかみ2位でラウンドアップ。

ヒート5にはShredCrew小林直海がクレジット。
同ヒートには湘南の先輩金尾玲生や西湘の村上舜の名前も。
波がヒート途中来なくなるが村上と金尾は5ポイント以上をマークするライディングでラウンドアップ。小林は惜しくも敗退となった。
Naomi Kobayashi/Photo:R.Uchiyama

Shun Murakami/Photo:R.Uchiyama

続いてウィメンズのラウンド3へ。ヒート2には須田那月が登場。序盤トップで進むが終盤に逆転され残念ながら敗退。
ヒート3には宮坂莉乙子が登場し2位でラウンドアップした。
Shino Matsuda/Photo:R.uchiyama

Amuro Tsuzuki/Photo:R.Uchiyama

昼頃に満潮となるため、やや波数が少なくなり波運も影響する状況になってきた。
ウィメンズのヒートが終わったところで、一旦ウェイティング。

その間、ホストプロの大橋海人を交えてアダプティブサーフィンのトークショーや実際に海へ繰り出し、プロサーファーとライフガードの協力を得てサーフィン体験などが行われた。

ほぼ視力がなく光しか感じない方、義足で参加した方、両足麻痺で車椅子の方も見事に波に乗り、本人はもとより周りにいた人、全てが歓声をあげる大興奮状態となった。

ウェイティングしたが波のコンディションがが上向く気配がないのでDAY2はここで終了。

明日のファイナルデーに残り全てのヒートを行う。

明日の伊豆白浜海岸は南寄りの弱いウネリが続くため大きなサイズ変化はない模様。
台風からのウネリが届けば嬉しい誤算になるのだが・・・

ライブ配信はもちろん行うのでトップクラスのライディングを是非ライブで!
http://www.namiaru.tv/live/jpsa/