【おすすめサーフィン映画12選】なみある?Online ShopでDVD販売スタート!

Category : PickUpTopics/注目トピック Update : 201802.09Fri

平素より、なみある?をご利用いただき誠にありがとうございます。

2018年1月より、なみある?オンラインショップにてサーフィン映画DVDの販売がスタートしました。

以前なみある?で行った試写会でも反響があった作品から、話題を集めた過去の名作までサーフィンの魅力を知るのに一度は観るべき11作品をご紹介いたします! 是非チェックしてみて下さい。

  • サーフィンの魅力を知るのに一度は観るべき映画12作品

※4月より、今年話題を集めた映画「7 Miles of Paradise」が加わりました。

▼各作品のDVDは全品送料無料です。

『7 Miles of Paradise 』
セブン・マイルズ・オブ・パラダイス

地球上のどこにも見られない7マイルに及ぶ楽園、それがノースショアだ。オアフ島のノースショアには、毎年世界中から何千人もの人々が集まる。

世界最高のサーファーたちが、世界最高の波に乗るのを見るために。プロサーファーたちはここでキャリアを積み、お金を稼ぎ、ここでサーフィンをすることでレジェンドになる者さえいる。

プロサーファーのアナスタシア・アシュリーのガイドでノースショアに行ってみよう。ここで育った彼女のお気に入りの場所や、幼い頃に行った場所を回り、ローカルの人々を紹介してくれるツアーだ。ツアーの終わりには、我々もなぜ彼女がノースショアを愛し、ここを「セブン・マイルズ・オブ・パラダイス」と呼ぶのかわかるはずだ。

■出演:アナスタシア・アシュリー、ジェイミー・オブライエン、マクア・ロスマン、サニー・ガルシア、コア・ロスマン

■監督:フィリップ・ウォラー

アメリカ映画/45分/2016年/カラー/ビスタ・サイズ 原題 「7 Miles of Paradise」

『THE WAVE I RIDE 』
ザ・ウェーブ・アイ・ライド

ぺイジ・アームズは、ビッグウェーブに挑戦することに全てを捧げるエリートサーファーの1人だ。ペイジは、ビッグウェーブ・サーフィンの限界をものともせず、自然が作り出した究極のパワーに立ち向かってきた。海が1人の女性の魂に何を与えてくれたか、そして彼女は海に何を返したのかを描いたドキュメンタリー。

■CAST:
ペイジ・アームズ、グレッグ・ロング、カリッサ・ムーア、ケアラ・ケネリー

■監督:
デヴィン・ビッソン

●2015 年/ アメリカ映画/70 分/ カラー

『STEPHANIE IN THE WATER』
ステファニー・イン・ザ・ウォーター

プロサーファーのステファニー・ギルモアは、2007 年にASP(現 WSL)ワールドツアーにデビューすると、その年にチャンピオンのタイトルを手にする。それに続く4年間、彼女はタイトルを守り続け、女子サーフィン界を牽引してきた。だが、彼女の連勝記録は突然終わりを迎える。本作ではステファニーがツアーで戦いながら、自分の将来を改めて考える姿を追った。

■CAST:
ステファニー・ギルモア、カリッサ・ムーア、アラナ・ブランチャード、ジェシー・マイリー・ダイアー

■監督:
エヴァ・ウォーブリック

●2013 年/ アメリカ映画/67 分/ カラー

『FISH』
フィッシュ

フィッシュデザインの誕生と、そのインパクトが30年後のサーフィンカルチャーにどんな影響を与えたのかを捉えたドキュメンタリー。フィッシュの開発にかかわったシェイパーやパイオニアたちへのインタビューを通して、監督のジョセフ・ライアンはフィッシュがどのようにサーフィンを変えたのかを描いた。

■CAST:
スキップ・フライ、ロブ・マチャド、デイブ・ラストヴィッチ、マーク・リチャーズ、ダン・マロイ、ドノヴァン・フランケンレイター、スティーブ・リズ、スタンレー・プレスカナス、ジェフ・チン、デヴィッド・ヌヒア

■監督:
ジョセフ・ライアン

●2015 年/ アメリカ映画/ 81 分/ カラー

『SOUTH TO SIAN』
サウス・トゥ・シアン

Deus Surf のカメラマンでフィルムメーカーのダスティン・ハンフリーが、ハリソン・ローチとZ・ノリスにビッグ・プロジェクトを持ちかけた。ミッションは、GPS と Wifi に囲まれた現代において、本物のサーフ・アドベンチャーが可能なのか身を持って知ること。この旅を通して、人生の本当の可能性について問いかけている。

■CAST/ ハリソン・ローチ、ザイ・ノリス、マット・カディヒー、フスニ・リドワン、デミ・フィルダウス、タイ・グラハム、タイラー・ウォーレン、ジャレッド・メル、フォレスト・ミンチトン、アギ・アガシ

■監督/ ダスティン・ハンフリー

●2016 年/ オーストラリア映画/52 分/ カラー

『BEYOND THE SURFACE』
ビヨンド・ザ・サーフェイス

インド初の女性サーファー、イシタ・マラヴィヤが才能豊かでユニークな5人の女性たちと南インドの旅に出た。

彼女たちが取り組むサーフィンやヨガ、環境保護活動が、そこで暮らす人々に希望を与え、変化を促す。若者や女性の社会進出、そして個々の成長がテーマであり、サーフィンの持つ圧倒的なパワーが苦しみのうちにいる人々に喜びをもたらす。

■CAST:
イシタ・マラヴィヤ 、エミィ・コッチ 、ローレン・ヒル 、ケイト・ボールドウィン 、リズ・クラーク
■監督:
クリスタル・ソーンバーグ= ホムシイ&デイブ・ホムシイ

●2014 年/ アメリカ映画/ 46 分/ カラー

『Bella Vita』
ベラ・ヴィータ

イタリアのフィレンツェとカリフォルニアのロサンゼルス、ふたつの都市で育ったクリス・デルモロは、幼少期に夏休みを過ごした思い出の地、イタリアのトスカーナをサーファーの友人たちと訪ね歩く。自らのルーツであるイタリアを旅するうちに、クリスはいつしか「Bella Vita=美しき人生」の本当の意味を考え始める。

■CAST:
クリス・デルモロ、デイブ・ラストヴィッチ、ローレン・ヒル、レオナルド・フィオラヴァンティ、コナー&パーカー・コフィン、アレッサンドロ・ポンツァネッリ

■監督:
ジェイソン・バッファ

●2013 年/ アメリカ映画/86 分/ カラー

『LAST PARADISE』
ラスト・パラダイス

大自然に囲まれた環境で育ったクライブ・ニーソン監督は、仲間と共に手探りでサーフィンを始めた。さらなる楽園を求めてサーフボードを片手に、メキシコ、スペイン、インドネシア、オーストラリアを旅した彼らが改めて気付かされたのは、ニュージーランドの素晴らしさだった。やがて彼らは次々と新しいエクストリーム・スポーツを生み出していく。

■CAST:
アラン・バーン、AJ ハケット、バリー・グリーン、ジェフ・キャンベル、デイヴ・スミザーズ、クリスティン・ボーセ、スカイ・ソルバック、ジョン・ニーソン、ジェリー・ロペス、ジョージ・グリノー、ミッキー・ドラ、ピーター・マッケイブ

■監督:
クライブ・ニーソン

●2013 年/ ニュージーランド映画/100 分/ カラー

『EL MAR, MI ALMA』
エル・マール・ミ・アルマ

南米チリで繰り広げられる想像を超える壮大なサーフ・トリップ。
サーフィンのみならず、むき出しの山々や自然の力強さを示す海、チリの伝統音楽・文化・生活スタイルを知る貴重な作品で、ヴィンテージな雰囲気を醸し出す。

■ CAST
デイブ・ラストヴィッチ、ラモン・ナバロ、ガブリエル・ビララン、デーン・ワード、クリス・デル・モロ、ジョエル・パーキンソン

■ 監督
スティーブン・ジョーンズ

●2011 年/ オーストラリア映画/ 54 分/ カラー

『GOING VERTICAL』
ゴーイング・バーティカル

1960年代、それは激動の時代だった。反戦運動に端を発するヒッピームーブメント、公民権運動・・・今までの価値観を破壊し新しいモノを生み出す。それは“革命”だった。そしてサーフィン革命が訪れる。 主流だったロングボードを短くすることで自在にターンして波を自由に駆けめぐろうとしたのだ。既成概念を打ち破ろうと、夢のボード開発に情熱を燃やすサーファー達を本作品は描いている。 今ではカリスマとなった2人のシェイパー、ボブ・マクタビッシュ(オーストラリア)とディック・ブリュワー(アメリカ)は、ショートボード革命を牽引する運命を担った。だが果たして最初に革命を起こしたのはどっちだったのか?40年以上たった今だからこそ証される真実とは?そして革命が成し遂げたものは? それは、サーフィンという枠組みを超え、1960年代という時代そのものに対する問いかけでもある。

■ CAST
ディック・ブリューワー、ボブ・マクタビッシュ、ケリー・スレーター、ナット・ヤング、ジェリー・ロペス、ジョージ・グリノー、マイク・ヒンソン ほか

■ 監督
デビッド・ラッドベリー

●2010年/オーストラリア映画/90分/ドキュメンタリー/英語/劇場公開作品 ©2010 Going Vertical Pty Ltd and Screen Australia

『FIRST GLIDE』
ファースト・グライド

スリリングなライドで我々をスタンド・アップ・パドル(SUP) の世界へと運んでくれる世界初SUPの ドキュメンタリー映画。この映画は、なぜSUP がこれほど短い期間に世界中に広まったのかを教えてくれる。

■CAST: レイアード・ハミルトン、ジェリー・ロペス、ロビー・ナッシュ、カイ・レニー、 デイヴ・カラマ、ブライアン・ケアウラナ、スコット・ドラドン、ジェニファー・パーソンズ、チャック・パターソン、アリッサ・ウォルツ

■監督:マイク・ウォルツ

●2011 年/ アメリカ映画/74 分/ カラー

『BIG EASY EXPRESS』
ビッグ・イージー・エクスプレス

英国の大人気フォークロックバンド「マムフォード&サンズ」、米ロサンゼルスのポップグループ「エドワード・シャープ&ザ・マグネティック・ゼロス」、米ナッシュビルを拠点とするストリングスバンド「オールド・クロウ・メディスン・ショウ」の豪華3バンドが、2011年春に行ったツアーに寄り添ったドキュメンタリー。レトロな列車に乗り込み、米カリフォルニア州のオークランドからニューオーリンズまで、数千マイルにも及ぶアメリカ横断の旅をしながら各地でライブを行い、時には予定していないゲリラライブや立ち寄った場所の地元高校生のバンドと共演をするなど、気ままに過ごすバンドメンバーたちの姿を通し、音楽や旅の喜びを描き出していく。数々のサーフィン映画をプロデュースしてきたエメット・マロイが監督を務め、13年グラミー賞で長編音楽映像賞を受賞した。

■CAST:
マムフォード&サンズ, エドワード・シャープ&マグネティック・ゼロズ, オールド・クロウ・メディスン・ショウ

■監督
エメット・マロイ

上映時間:
1 時間, 6 分

■ お問い合せ:レイドバックコーポレーション
http://www.laidback.co.jp/20161030.html
Mail:admin@laidback.co.jp
TEL:0467-25-6260 FAX:0467-25-6122