新年のご挨拶、遅れまして失礼いたします。 2018年もどうぞ宜しくお願い致します。

ただいま、今シーズン初のハワイ、ノースショアーに来ています。 ハワイ到着そうそう、パイプラインが炸裂。
どうやら今シーズンパイプラインが立つのは初めてだったようでパイプラインのピークはローカルサーファー含め皆んな目の色を変えてアタックしていました。

Photo: @kotakumzawa

週末にはカミングアップのワイメアベイ、夕暮れにはセットで18フィートプラスが入り始め、翌日はカミングダウンと言いながらも朝のうちはセットで18フィートのセットがコンスタントに割れていました。

そして今シーズンは人生初となるバックドアーシュートアウトにも日本チームの1人として参加。
パイプラインを4人でサーフィン出来ると言う夢のような経験をさせて頂いています。
いつもは100人を越すサーファーとパイプのピークをシェアーしているせいか最初の数ラウンドは、すべての来る波に目が眩み、右に行ったり、左に行ったりで波に乗れず、『二兎を追うもの、一兎うをも得ず』ラウンド数をこなすにつれ、その感覚にも慣れ、4人だけのパイプラインピークを存分に楽しむことができました。

結果はパイプラインエキスパートに負けず劣らず、松岡ケイト君が流石の第三位に入賞!!!
シングルウエーブで最高得点の11点をマークするなど、彼にとっても、日本チームにとっても将来につながる最高の大会となりました。

明日からはサンセットのWQS1000がスタート。
2018年は大会に、サーフトリップ、そして新たなプロジェクトにと、自分のペースで命の力全開でやって参りたいとおもっております。

Keep Surfing & Stay Salty 🙂

大野修聖