全国概況 FORECAST 2月20日(水) 18:21更新

 
マウスを左右に動かして7日先までのうねり変化をcheck!! ※6時間ごとに7日先までを波浪モデルで予測しています。
    2019年2月20日(水) 15:00 2019年2月20日(水) 21:00 2019年2月21日(木) 3:00 2019年2月21日(木) 9:00 2019年2月21日(木) 15:00 2019年2月21日(木) 21:00 2019年2月22日(金) 3:00 2019年2月22日(金) 9:00 2019年2月22日(金) 15:00 2019年2月22日(金) 21:00 2019年2月23日(土) 3:00 2019年2月23日(土) 9:00 2019年2月23日(土) 15:00 2019年2月23日(土) 21:00 2019年2月24日(日) 3:00 2019年2月24日(日) 9:00 2019年2月24日(日) 15:00 2019年2月24日(日) 21:00 2019年2月25日(月) 3:00 2019年2月25日(月) 9:00 2019年2月25日(月) 15:00 2019年2月25日(月) 21:00 2019年2月26日(火) 3:00 2019年2月26日(火) 9:00 2019年2月26日(火) 15:00 2019年2月26日(火) 21:00 2019年2月27日(水) 3:00 2019年2月27日(水) 9:00 2019年2月27日(水) 15:00 2019年2月27日(水) 21:00
    Wave Height

    全国週間概況ダイジェスト

    2月20日(水) 18:21更新

    この情報を見るには
    会員登録が必要になります。

    WAVE FORECASTER
    なみある? 日野原将貴
    日野原将貴Hinohara Masaki
    七里ヶ浜出身鎌倉在住、ニックネーム:ヒノ、サーフィン歴:20年、宅建主任者、ファイナンシャルプランナー、調理師、ホームポイント:七里ヶ浜、趣味:外で体を動かすこと全般、最近ハマっているもの:体幹、食の安全、全国のポイント、関東の山々
    幅広いレベルのサーファーの方々により伝わりやすく、そして情報の精度アップを常に心掛けます。
    予測天気図

    24H天気図

    予測天気図

     

    週末どっち?

     

    関東2019.02.15版

    千葉、茨城など東向きのエリアでは、16日(土)は、今日に上向いた東~南東ウネリの反応が、海上での気圧の谷に向けた南西~西寄りの風に抑えられ徐々に弱まる傾向となり、夕方に向けては、寒気の吹き出しにより回り込む北寄りの風波の反応が徐々に上向く傾向となる見込み。その為、茨城南部や千葉北などの北東~東向きのポイントでは、午後は次第に風が影響しまとまりに欠けてしまう可能性がありそうです。
    一方、茨城大貫や片貝周辺、千葉南などの北東ウネリを拾え風がオフ寄りとなるポイントでは、後半にかけても広く遊べるコンディションが続いてくれそうです。

    16日(土)9時のLOLA波チャート

    この情報を見るには
    会員登録が必要になります。


    寒暖差が激しい今日この頃ですが、旬ものを食べてしっかり睡眠。そして、引き続き南岸低気圧や東低からの北東ウネリのチェックを♪^^

    To be more prepared than ever for your weekend♪
    namiaru? Hino

    過去アーカイブ
     

    関西2019.02.15版

    太平洋側の四国内妻や和歌山磯ノ浦などでは、気圧の谷の通過により前線の南側で強まる南~南西の風波やウネリの反応が、明日16日(土)に多少上向いてくる可能性があるものの、今のところ、あってもサイズ変化は小さめの予想となっています。

    16日(土)9時のLOLA波チャート

    この情報を見るには
    会員登録が必要になります。


    寒暖差が激しい今日この頃ですが、旬ものを食べてしっかり睡眠。そして、引き続き南岸低気圧や寒気の吹き出しによる北西の風波のチェックを♪^^

    To be more prepared than ever for your weekend♪
    namiaru? Hino

    過去アーカイブ

    シーズン解説

    1月の波傾向

    そのため、日本海側は風波でサイズはあるものの、風をかわせない多くのポイントでジャンクなコンディションとなり、太平洋側は風にうねりを抑えられてしまいサイズが小さめとなるエリアが増えてしまいます。

    このあたりは、『12月の波傾向』で詳しく書くので、そちらをご覧ください。

    今回は頻度は少ないのですが、冬場に太平洋側へ進んでくる低気圧について確認していきます。


    この情報を見るには
    会員登録が必要になります。


    水が冷たくなり海から足が遠のく時期ですが、だからこそタイミング重視で良い波を狙いたいですね♪

    気象予報士 森園

    過去アーカイブ
    • なみある? シーズン解説
      1月の波傾向
      1月は冬型の気圧配置となる日が多く、日本付近は強い北西風が吹く日が多い月となります。
    • なみある? シーズン解説
      2月の波傾向
      冬の終わりにあたるのが2月。
    • なみある? シーズン解説
      3月の波傾向
      低気圧と高気圧が交互に訪れる春の天気図が多く見られるようになるのが3月です。
    • なみある? シーズン解説
      4月の波傾向
      “春に3日の晴れなし” 聞いたことあるでしょうか?
    • なみある? シーズン解説
      5月の波傾向
      5月は気温だけでなく水温も上がるため、穏やかな季節というイメージをお持ちの方も多いでしょうか!?
    • なみある? シーズン解説
      6月の波傾向
      6月はジメジメ梅雨の時期。今回はこの時期の主役である梅雨前線と波の関係をご紹介します。
    • なみある? シーズン解説
      7月の波傾向
      7月の波は梅雨前線と台風次第。
    • なみある? シーズン解説
      8月の波傾向
      台風発生数年間No.1
    • なみある? シーズン解説
      9月の波傾向
      台風メインシーズン到来!?
    • なみある? シーズン解説
      10月の波傾向
      水温が徐々に下がり始める10月は年最後にして最高の台風月間!?
    • なみある? シーズン解説
      11月の波傾向
      11月は低気圧と高気圧が交互に訪れて変化に富む時期。日本海側がシーズンイン!
    • なみある? シーズン解説
      12月の波傾向
      12月は冬本番。 冬の代表的な気圧配置である“冬型の気圧配置”と、その時の波傾向をご紹介します。

    今日

    明日以降