予告編
※本編ご購入の際には、ご利用のパソコンにて必ず予告編を再生いただき、正常に視聴できるか事前にお確かめください。

「チャンピオンになるという事、それは皆、何かちょっとした執念みたいのがあると思うんだ。」とケリー。 ここにいるのは過去10年で、たくさんのメディアに最も注目され、You tubeではひっきりなしに再生されてるサーフ界のスーパースター4人。パーコ、ミック、CJ、ケリーのサーフィン界の4ギャングこと21世紀の世界チャンピオンが集結した。サニーガルシアはサーフトリップのため欠席。 しかしアンディーは、、、彼の魂がここに来ているのは確かだ。そして、今日はいつもと少し違って、会見者が1対1で壮大にインタビューされる場ではなく、なんと4人が共に座りお互いに会談するというもの。可能ならば議題をふり、質問を投げかけ、そして一番の目的は4人が数時間フリーで遠慮のない会談をし、一線を越えさせるという事なのだ。時にはいかしたフリーサーファー、世界中へのサーフトリップがあり、そして様々な流行があるサーフィン界で、世界チャンピオンになる事とは何か特別な事のようだ。 彼らのキャリアの中で捧げた時間、タレント性そして犠牲を払った事など、この場を持って4人の世界チャンピオンがサーフィンというスポーツについて語り合っている。
会談の中で、話題はアンディーからデーン、ワールドタイトルにおいてコーチングの重要性、ツアー中大変だった事から良い思い出話まで。時にくだらない質問をしたり、 話題からそれたりするが、普段テーブルで面と向かって話すことのない4人の世界チャンピオンが期待に応えて会談する。洗練され、知的で面白く、そして時にマジで熱い話まで。

撮影はとてもシンプルな形で行われた。テーブル、4脚の椅子、撮影用機材(照明、トラックドリー)、撮影スタッフ、高価なカメラ、A/V機器、そして彼らに出演してもらうための数ヶ月に渡る調整と準備が行われた。 Photo: Joanna Miriam/Surfline

パーコ「みんなは僕にタイトルを取って欲しかったようだったけど、今はそうではないようだ。個人的には他人がどう思っていようが関係ないけど、何かが僕を遠ざけたみたいだ。シェーン・ホランのようにはなりたくなかった。」 Photo: Joanna Miriam/Surfline

ケリー「コーチがどのようによりよいサーフィンをするように教えようとしていることを考えるとちょっと愚かだ。いいサーフンをするためにコーチを雇うようなことだけど、でも、もし一番だったら自分よりサーフィンが上手な誰かを探したりしないだろ?」 Photo: Joanna Miriam/Surfline

ミック「1つのことに極限まで集中しようとしている時は、自分に関係する人々にとても負担をかけている時だと思う。僕にとってはそれが2007年だった。当時カリッサと僕は婚約していて、いろんなプレッシャーと向き合っていた。彼女は僕を支えてくれようとしていたけど、僕が家に帰った時、部屋に僕はいなかったんだ。」 Photo: Joanna Miriam/Surfline

CJ「いまやコンテストはプレッシャーが大きい。以前はもっとたくさんのコンテストやヒートに出場していたけど、最近は若手の台頭などがあって厳しい状況だよ。」 Photo: Joanna Miriam/Surfline